読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新卒2年目が終わります。3年目に入る前に、退職しました。

所謂退職エントリ。新卒でとあるITベンチャー企業に就職して2年が経過した。本日で有給消化も終わり、正式に退職となる。

ところで"退職エントリ"ってそもそもなによ?と思い検索していたら、IT業界独特の、ここ数年の文化みたいですね。基本的にはエンジニア界隈の文化みたいなので書く予定はなかったのだけど、先日同期と飲みに行った際に「書かないの?」と言われたので、長い人生の中でもそうそうあることではないし、書いてみようかなと思うに至る。その時は「書かないよ(笑)」と言ったのに結局こうして書いているあたり、如何にいつも考えなしに返答しているかを痛感。。

 

●新卒入社の2年間で、何をしてきたのか

初めはテレアポ営業。きっと少し特殊で、電話でクロージングまで行う営業形態。一緒に入社した2人の同期はとても優秀で、常に焦りを感じていた。焦ってもがいて動いて、なんとか契約がとれ始めると楽しくなって気持ちが落ち着いた。研修の一環として同時に立ち上げたメディアも好調で、自分の得意を活かせているのもうれしかった。

2年目になる少し前からは、人事として採用活動に従事。採用のスペシャリストである外部コンサルタントの上司から採用におけるいろはを学び、自分の得意不得意を知ることができた。あと、初対面の人と話すのに緊張しなくなったし、オドオドすることも減った。面接・面談では、"対面している人の本質を知るための時間"として相手のことをよく「見て」、「聞いて」、「知る」、という術を身に着けた。もともと私はどうしようもなく感覚で動くタイプだったけれど、人事職を通してかなり合理的に物事を捉えることができるようになったと思う。

●なぜ、辞めるのか?

びっくりしたのだけれど、同僚からは誰一人として退職理由について聞かれなかった。私が話す前に誰かに聞いたのかもしれないし、聞かなくてもわかったのかもしれないし、興味がなかっただけかもしれない。本当に、誰にも聞かれなかったので特にここに記載するつもりもない。ただ、1つだけ言えるのは私にはまだ、すべての事象に対して1人で立ち向かうだけの実力や度量がなかった。そして、漠然と考えていた"将来的にやっていきたいこと"を体現できる環境に身を置こうと思った。

退職した会社は、新しいことに果敢に取り組む資源も行動力もあるし、大変優秀で躍動感ある同僚もいて、大好きなことは間違いない。

●明日から、何をするのか

転職先についてはよく聞かれたけれど、最近まで明確な社名は伏せてた。どのみちいつかは知られることだし別に言えばいいじゃん~って話なのだけど、なんとなく言えなかったのは多分きっと、後ろめたかったからだと思う。特に前職での人事という職種上、新しいメンバーに対して少なからず申し訳ない気持ちがあった。一緒に働きたいね、という言葉を置き去りにしてしまったから。

明日からは、五反田にある会社で主にDMを作る人として働きます。業界的にはコンサルかな。Eメールマーケティングを得意としている企業。社名をググった時に表示されるのはちょっと避けたいので、キーワードだけ散りばめる。

●転職活動をしてみて思ったこと

面接官をしていた立場から、面接をされる側に戻って見えてくるものは全然違う。うわ~高圧的だ~~!とか、質問の背景ないな~~?とか、控室から談話聞こえてるぞー!時間すぎてんだぞー!とかね。そういったことを感じるたびに、我がふりを見直して、業務に活かす。自社の良いところ、自分に足りないもの、さまざまな形で見えてくる。

2年間と書いたけれど、学生時代に約半年間インターンシップをしていたから、本当は2年半ほどになる。振り返ってみると、本当に各々の個性が強い会社だったと思う。新卒で入ったぺーぺーの2年目にも関わらず採用という重要な仕事を与えてくれたし、やってみたいと言ったことは大体やらせてくれた。後輩も入り、会社も賑やかになって面白かった。それでも考えて、考えて、行動した結果の今がある。明日からはまた0からのスタートで、右も左もわからない。正直期待以上に不安のほうがずっと大きいけれど、行動した先に結果があるのだから、まずは行動してみるだけなのだ。

 

がんばるぞ~~年度末が、終わるぞ~~~~!